レイクサイド
作品DATA
レイクサイド
  • 出版社 実業之日本社(ISBN:4408534137)
  • 発刊日 2002/03/17
  • 新装版 実業之日本社(ISBN:4408534641)
  • 新装版発刊日 2004/12/08
  • 文庫化 文藝春秋社(ISBN:4167110105)
  • 文庫化発刊日 2006/02/10
  • Detail 映画化  製作・配給:フジテレビジョン / 東宝
    映画タイトル:レイクサイド マーダーケース
    出演:役所広司(並木俊介) / 薬師丸ひろ子(並木美奈子) / 柄本明(藤間智晴) / 他
  • お薦め度 ☆☆☆
  • お気に入り指数 ☆☆
作品Outline
並木俊介は、湖畔の別荘地に来ていた。息子、章太の、中学受験に備えた勉強合宿をサポートするためである。食事などの世話は、保護者の役割になっていた。俊介自身は、親達の過剰な受験熱を批判的に捉えていたが、彼なりの思惑があった事から、参加を決めた。
その別荘地に、俊介の部下である高階英里子が現れた。若くて美しい彼女の登場に、合宿所の講師や父親達は色めき立つが、俊介は複雑な心境だ。英里子は、彼の愛人でもあった。
四組の親子と塾講師、そして英里子を交えたバーベキューパーティの後に事件は起こった。並木夫妻に提供されていた部屋で、英里子が他殺体となって発見されたのである。驚愕する俊介に、更に追い討ちをかけるような一言が待っていた。妻の美奈子がこう言ったのだ。「あたしが殺したのよ」。

受験生を子供に持つ親の、複雑な心理や葛藤を描いた長編ミステリ。

作品Review
もしも自分の家族に「人を殺した」と告げられたら―、
(そんな事は想像もしたくないですが)
そしてその衝撃が消え去らない状態の中で、当事者以外の人物、それも複数の人物から犯行の隠蔽を提案されたとしたら―、
平均的な人間は、どんな態度に出るものでしょうか?
観客や読者の立場であるならば、即座に、「それは罠だ、騙されてはいけない」「日本の警察は、昔ほどではないにせよ、それなりには優秀だから、隠し覆せるものではない。馬鹿な事は考えるな」と言えるのですが、当事者の場合はそうも行きません。
疑問・当惑・憤懣・恐怖…、主人公の並木俊介は、この世の中のあらゆる負の感情にまみれながら、死体遺棄という犯罪に手を染める事になります。

この作品は、「お受験」が核を担う物語です。
受験生を子供に持つ人々の視点で語り継がれて行きますが、受験そのものは誰もが経験する事ですし、親という立場にはない読者にとっても、異次元の話と思うほどには縁遠いものではないでしょう。寧ろ、子供を持たない人達の方が、多岐に渡る感慨を得られるかもしれません。
親になってしまえば、自由に選択できるものより、受け入れざるを得ないもの、諦めざるを得ないものの方が多くなってしまいますから。

いきなり降りかかって来た災厄になす術もなく迷走した並木でしたが、徐々に本来の自分を取り戻して行きます。
彼は、妻以外の女性にも心惹かれるという点も含めて、極々標準的な価値観の持ち主ですから、しかも、優秀な頭脳の持ち主でもありますから、最終的には事件の真相にも辿り着く事ができました。
考えさせるものが多い作品でした。
反対側の当事者である子供達に、この本から何を感じるかを聞いてみたい気がします。生々しい表現が多いため、推奨図書にできないのが残念なところ―。

本書を手にするのは、今回が3度目です。
私は東野圭吾さんの大ファンではあるけれども、この作品は好きになれない、という思いは、今回も覆りませんでした。
ただ、本書からは『手紙』や『さまよう刃』に通じる世界が見えて来ます。この作品で伝え切れなかったものが、『手紙』に、更には『さまよう刃』に託されたのではないか、という気がしています。
東野圭吾さんの、子供を育てる立場にある人々へのメッセージを載せた物語として見るなら、『レイクサイド』もまた、とても魅力的な作品なのかもしれません。

2005年8月24日に更新
『レイクサイド』の登場人物一覧
並木俊介 アートディレクター
姫神湖畔での勉強合宿に家族で参加
並木美奈子:俊介の妻 / 並木章太:俊介の息子・美奈子の連れ子で俊介との血縁関係はない / 藤間医師:病院長・勉強合宿に家族で参加 / 藤間一枝:藤間の妻 / 藤間直人:藤間の息子 / 坂崎洋太郎:勉強合宿に家族で参加 / 坂崎君子:坂崎の妻 / 坂崎拓也:坂崎の息子 / 関谷孝史:建築会社勤務・勉強合宿に家族で参加 / 関谷靖子:関谷の妻・美奈子の友人 / 関谷晴樹:関谷の息子 / 津久見:塾講師・勉強合宿の指導者 / 高階恵里子:俊介の部下で愛人