殺人現場は雲の上
作品DATA
殺人現場は雲の上 出版社 JOY NOVELS(ISBN:440850131X)
発刊日 1989/08/10
文庫化 光文社文庫(ISBN:433471563X)
文庫発刊日 1992/08/20
Detail 内容:ステイの夜は殺人の夜/ 忘れ物に御注意ください/お見合いシートのシンデレラ/ 旅は道連れミステリアス/ とても大事な落し物/ マボロシの乗客/ 狙われたエー子
お薦め度 ☆☆
お気に入り指数 ☆☆
作品Outline
早瀬英子、通称エー子は東京大学中退の才媛。しかも美人である。藤真美子、通称ビー子は三流短大卒の太りやすい体質。しかも摂生はしていない。
好対照の2人は、共に新日本航空のスチュワーデスで、周囲の誰もがよく知る仲良しコンビである。才気煥発で信頼の厚いエー子が、万事に粗忽で失敗の多いビー子のお守りをしているようにも映るが、本人達はそんな関係に満足している。

その夜の2人は鹿児島STAY、他のクルーに誘われて、常宿ホテル内にあるスナックに来ていた。そこに、彼女達が乗務した便の搭乗者、本間が来合わせる。大学の助教授である彼は話題が豊富で、一行は就寝前の楽しいひとときを過ごしたが、同じ頃、本間の部屋では殺人事件が発生していた。(「ステイの夜は殺人の夜」より)

スチュワーデス2人組が繰り広げる、連作コージー・ミステリ。

作品Review
  • ステイの夜は殺人の夜
    投資マニアの大学助教授夫人が絞殺死体となって発見された。容疑者は2人存在するが、どちらにもアリバイがある。
    A子のちょっとした気遣いが、結果的に、犯人の悪巧みを暴くことになるのですが、この時のA子の振る舞いに釈然としないものを感じました。常識ある女性なら、この気遣いもその前に発せられた質問も、遠慮すべき性質のものではないかと―。
    質問はともかく、気遣いの方は、飛行機の客室乗務員としては不自然な行為とは言えないのでしょうか?
  • 忘れ物に御注意ください
    「ベビー・ツアー」の一行が、エー子とビー子が乗務した機内に、とんでもない忘れ物をした。赤ん坊である。新日本航空は、初めての椿事に右往左往するが…。
    本書を初めて読んだ時には、「ベビー・ツアー」と同道するはめになった一般客をとても気の毒に思ったのですが、その後、もっと悲惨なケースがあることを知りました。女子高の修学旅行と鉢合わせした時の凄まじさと来たらもう……。
    離陸しただけで、「きゃー飛んだ」と全員で拍手。その後もテンションが上がったままの状態で大騒ぎを続けます。溜まりかねたスチュワーデスさんが再三再四、引率教師に「お願い」に行き、先生も懸命に「指導」するのですが、効果は上がらず仕舞い。眠ってくれる赤ちゃんの方がう〜んとましだと思ってしまいました。
    さて、肝腎のとんでもない忘れ物事件―、
    犯人がぎゃふんと言わされる形で大団円を迎えますが、ビー子の好感度が急上昇した作品でもありました。
  • お見合いシートのシンデレラ
    ビー子が資産家の中山に見初められた。親戚のへのお披露目会にはエー子も招かれるが、何だか様子がおかしい―。
    更新前の感想文には「本書に収録された物の中では一番気に入ってる作品」と書かれていて驚きました。中山の身勝手さ(脳天気さ?)に腹を立てていたのですが……(笑)。
    前回読んだ時に較べると、中山の特殊な事情に対する社会環境が激変してしまいました。その結果、「二人」を祝福する気持ちが薄れてしまった、ということが原因なのかもしれません。
  • 旅は道連れミステリアス
    エー子とビー子が懇意にしている和菓子屋の当主が、高級とは言いかねるシティホテルの一室で、死体となって発見された。しかも、傍らにはもうひとつの死体が―。
    「だからお二人も、このことは警察に黙っていてくださいね」
    「しゃべりませんわ」
    いや、ダメですよ、それは。
    保険金詐欺はひとまず脇に置くとしても、巻き添えを食った人があまりにも気の毒というものです。すぐに警察に行きましょう!
  • とても大事な落し物
    エー子とビー子が乗務する機内のトイレに、遺書が落ちていた。「決行」前に落とし主を見つけ出したいが、どういうわけか、その遺書には署名がない。
    安直な自殺志向には不快感を覚えますが、この落とし主の心の痛みは、理解できるような気がしました。何事もなくて良かったです。
  • マボロシの乗客
    エー子とビー子が勤務する新日本航空に、不可解な脅迫電話が掛かってきた。悪戯電話の公算が強いが…。
    見ているのに見えていない、という形のトリックは大好きです。すっきりした「してやられた」感を楽しめました。
    何ともお粗末な事件でしたが、飛行機に乗り遅れそうになった乗客が爆破予告で足止めした例も幾つかありましたし、それを思えば、さほど荒唐無稽な話でもないのか、とも思ったり―。
  • 狙われたエー子
    エー子が何者かに命を狙われたが、思い当たる節がない。
    才媛エー子の、東大在学中の恋愛話を絡めながら展開されて行きます。
    「お久しぶりですね」の一言で生命の危険に晒されるとは、物騒な世の中です。
本書は、駅や空港の売店でもよく目にします。旅情ミステリと新書、そして『殺人現場は雲の上』――、「如何にも」なラインナップです。
本書が刊行された当時、私は青森市に住んでいました。青森便を待つ空港の書店で『殺人現場は雲の上』を見つけ、機内で読み切りました。
作中に青森空港が出て来ますが、実際とは違う描写があります。「いや、あそこには○○○なんてないし」とボヤいたものでした。

当時は既に熱い東野圭吾マニアだったせいか、読み終えた後には、複雑な思いが残りました。『学生街の殺人』・『眠りの森』・『鳥人計画』など、私にとっての大傑作が連発されていた時でしたから……。
でも、時を隔てて読み返すと、コージー・ミステリの楽しさを堪能することができました。
刊行時にはあんぐりとなったエー子・ビー子コンビですが、今はどこかの短編で再会できたら嬉しいな!などと思ってしまいます。

2006年8月8日に更新
『殺人現場は雲の上』登場人物一覧
早瀬英子 新日本航空のスチュワーデス
入社試験と訓練学校の成績は首席
東大中退・才色兼備で控え目な性格
通称エー子
藤真美子 新日本航空のスチュワーデス
入社試験と訓練学校の成績は最下位
三流短大卒・肥満体質・通称ビー子
浜中:新日本航空のパイロット・機長 / 小塚:新日本航空のパイロット・機長 / 佐藤:新日本航空のパイロット・副操縦士 / 北島香織:新日本航空のチーフスチュワーデス / 遠藤:新日本航空の客室課長 / 金子博子:新日本航空の客室課首席
■ ステイの夜は殺人の夜
本間:大学の助教授 / 本間夫人:ホテルの一室で何者かに殺害される / 田辺秀一:本間夫人の甥・大学院生 / 望月刑事:事件の担当捜査官
■ 忘れ物に御注意ください
金沢:空港警察の婦人警官 / 山下久子:商社マンの妻 / 山下佑介:山下久子の長男・愛称はビースケ / 坂本則子:旅行者勤務・ベビーツアーの添乗員 / 及川和雄:銀行員・ベビーツアーの参加者 / 及川早苗:及川和雄の妻 / 及川勉:及川和雄の長男
■ お見合いシートのシンデレラ
中山:ビー子が乗務した便のお見合いシートに座った客・資産家 / 田村:中山のお抱え運転手 / マサ:中山家の家政婦 / 中山の従妹:面長美人・中山に惹かれている
■ 旅は道連れミステリアス
富田敬三:福岡の老舗和菓子屋『富屋』の主人・Sホテルの一室で死体となって発見される / 富田早苗:富田敬三の妻 / 堀井咲子:下着メーカーの会社員・Sホテルの一室で死体となって発見される / 永本:Sホテルの客室係 / 高野:Sホテルのフロント課長 / 笠井刑事:警視庁捜査一課勤務・事件の担当捜査官 / 山本刑事:警視庁捜査一課勤務・事件の担当捜査官
■ とても大事な落し物
元西きみ子:新日本航空青森行きの乗客 / 元西悠紀子:元西きみ子の娘・中学生 / 安藤隆夫:元西きみ子の再婚相手
■ マボロシの乗客
成田:新日本航空羽田行きの乗客・商社勤務 / 寺西めぐみ:新日本航空のスチュワーデス / 渡辺刑事:警視庁捜査一課勤務・事件の担当捜査官 / 山本刑事:警視庁捜査一課勤務・事件の担当捜査官
■ 狙われたエー子
塚原:エー子が大学時代に所属していたテニスサークルの先輩・エー子の元恋人・現在は商社勤務 / 中上:塚原の上司・ホテルの一室で死体となって発見される / 田口:塚原の同僚 / 坂本刑事:事件の担当捜査官