何でもRanking
Best Ranking -長編- 
1985年から2005年8月末日までに刊行された長編小説を対象にしています。
1. 宿命  ラスト10ページの感動が、いかなる名作をも凌駕します。
2. 鳥人計画  冒頭で殺された男の魅力が、終章まで煌き続く秀作です。
3. 容疑者Xの献身  湯川が終章で叫んだ一言が、今でもリフレインしています。
4. 白夜行  作者の代表作と称され、多くの読者から高い評価を受けています。
5. 分身  最先端科学をテーマにした、驚きと感慨が交叉する作品です。
6. 秘密  全編に漂う哀切の中から、大きな感動が溢れ出ます。
6. 眠りの森  華やかな世界に潜む孤高の悲しみを描いた作品です。
6. 片想い  性差がもたらす懊悩と友情をテーマにした、情感溢れる作品です。
9. トキオ  深い感銘と哀惜が漂う、大人のお伽噺です。
10. 天空の蜂  作者から投じられた熱い想念が、強く激しく降り注いで来ます。
Best Ranking -短編(連作を含む)- 
1985年から2005年5月末日までに刊行された短編小説を対象にしています。
1. 天使の耳  『交通警察の夜(「天使の耳」に改題)』の収録作。
1. あるジーサンに線香を  『怪笑小説』の収録作。
3. つぐない  『毒笑小説』の収録作。
4. 燃える(もえる)  『探偵ガリレオ』の収録作。
5. エンドレス・ナイト  『犯人のいない殺人の夜』の収録作。
5. 甘いはずなのに  『怪しい人びと』の収録作。
5. 超読書機械殺人事件  『超・殺人事件 -推理作家の苦悩-』の収録作。
短編集・連作短編集単位では、1.『犯人のいない殺人の夜』  2.『怪笑小説』  3.『交通警察の夜(「天使の耳」に改題)』  4.『探偵ガリレオ』  5.『毒笑小説』になります。
意外性 Ranking
>>>意外な結末
1. 仮面山荘殺人事件  資産家所有の山荘で起こった軟禁事件の真相。
2. 悪意  日高邦彦を殺害するに至った動機。
3. 分身  出版社の社主、高城晶子が吐露した心情。
4. むかし僕が死んだ家  松原湖近くの「灰色の家」の施工目的。
5. 回廊亭の殺人  「私のジロー」を奪った正体。(『回廊亭殺人事件』に改題)
>>>意外な犯人
1. ある閉ざされた雪の山荘で  仮想殺人劇で起こる現実の事件の真犯人は?
2. 魔球  聡明な捕手と寡黙な天才型投手に悲劇をもたらしたものは?
3. 放課後  前島が「怖くなかったのか…人を殺すのは?」と言った相手は?
4. 学生街の殺人  主人公が哀切を堪えて探り当てたその人は?
5. 十字屋敷のピエロ  ピエロの心に澱を残した「隠れた真犯人」は?
5. レイクサイド  主人公の翻意を促す事にもなった、その意外な犯人は?
5. 眠りの森  敏腕刑事加賀恭一郎の炯眼が捉えた、裁かれるべき人とは?
『ある閉ざされた雪の山荘で』は、「意外な結末」に分類した方が良い作品かもしれません。管理人の「驚き度」Rankingなので、少しも意外ではなかった!と感じる方も、大勢いらっしゃる事でしょう。
涙腺開放度 Ranking
1. 秘密  全編に、哀切が漂います。
1. トキオ  最後の一行に記された拓実の台詞は、思い出すだけでも滂沱―。
3. 魔球  事件に泣き、真相に泣き、「魔球」の意味を知ってまた泣きました。
4. 手紙  ラストシーンの感慨は、涙なくして語れません。
5. 美しき凶器  作者自身が「不出来」宣言をしているにも関わらず…。
作者にも読者にも評価されない『美しき凶器』ですが、私は「タランチュラ」の最後の一言に大きな感銘を受けました。『白夜行』で泣いた読者も多いと思います。でも私は、泣く気力も出ないほどの壮絶な虚無感に包まれた為、涙による放水量はそれ程多くありませんでした。
聡明度 Ranking
1. 石神哲哉  『容疑者Xの献身』の準主役。職業:高校教師。
2. 瓜生晃彦  『宿命』の準主役。職業:医師。
2. 白川光瑠  『虹を操る少年』の主人公。職業:光楽家。
2. 湯川学  シリーズキャラクター、通称「ガリレオ」。職業:大学助教授。
5. 三輪智彦  『パラレルワールド・ラブストーリー』の準主役。職業:研究者。
次点. 佐久間俊介  『ゲームの名は誘拐』の主人公。職業:プランナー。
「聡明」の定義は難しいと思いますが、ここでは、私のような凡人が「頭、良さそう!」と感じるレベルのものとしました。
「ビッグB」の開発メンバーや原発の研究者達(『天空の蜂』の登場人物)は、文章を読む限りでは佐久間俊介よりも優秀な感じです。ただ、物語の展開とその高頭脳が密接に絡んだわけではなかったので除外しました。
女性陣からも選出したかったのですが、『変身』で主人公をサポートする医師が最高峰のように思えたので、断念しました。
本当の意味で一番聡明な人は、やっぱり加賀恭一郎なのかもしれませんが…。
美形度 Ranking
1. 旧姓西本雪穂  『白夜行』の主人公。役柄:高級ブティックの経営者。
3. 浅岡未緒  『眠りの森』の準主役。役柄:バレリーナ。
3. 小田香子  『ウインクで乾杯』の主人公。役柄:パーティコンパニオン。
4. 神林美和子  『私が彼を殺した』の準主役。役柄:詩人。
5. 水村緋絽子  『同級生』の準主役。役柄:資産家の娘、高校生。
『眠りの森』には、未緒以上の美女も登場しますが、彼女に強く惹かれた敏腕刑事の存在もある事なので選びました。 『幻夜』の美冬は、その美しさに色々な事情を抱えている事から選外としました。
日浦美月(『片想い』)も選びたかったのですが、彼女に怒られそうなのでやめました。反対に、小田香子は、選ばないと拗ねられそうなので、ランクインさせました。
管理人の独断と偏見に基いたランキングなので、不満・憤懣の嵐が吹き荒れた方もおられるでしょう。申し訳ありません。 ご意見・ご苦情を、掲示板にお寄せください。