ミステリー小説講座「読売江戸川乱歩フォーラム2007」レポート
このページでは、2007年9月29日(土)に実施された、ミステリー小説講座「読売江戸川乱歩フォーラム2007」の詳細を、報告させていただきます。

ミステリー小説講座「読売江戸川乱歩フォーラム2007」
  • 原作:日時…2007年9月29日(土) 14:00〜:16:30
  • 会場:立教大学「タッカーホール」
  • 主催:読売新聞東京本社
  • 後援:日本推理作家協会・活字文化推進会議
  • 特別協力:立教学院・立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター・角川書店・講談社・光文社
  • プログラム
    • 14:00〜15:00 「私がミステリーを語るミステリー」…北方謙三さん
    • 15:00〜16:30 「トークショー」…北方謙三さん×夏樹静子さん×東野圭吾さん

当日の9月29日は、小雨が降る生憎のお天気であったにも関わらず、会場となったタッカーホールは立錐の余地もない状態で、開場後に行った私には、最後部の席しか残されていませんでした。

右の添付画像は、抽選に当たった人に送付された招待状です。記念に頂戴しておきたかったのですが、入場の際に回収され、ガッカリしました(来場者に戻してしまえば他者にパスされる危険性が生まれてしまいますから、当然の対応ではあります)。

前半の基調講演では北方謙三さんの巧みな話術に、
後半のトークショーでは北方さん・夏樹静子さん・東野圭吾さんの興味深いやり取りに魅了され続けた2時間半でした。

以下に、基調講演のあらましと、トークショーの全文をご案内します。

■■■ MENU(ご覧になりたい項目をクリックしてください) ■■■