FAQ
FAQ一覧 -該当する項目をClickしてください-
東野圭吾さんのデビュー作は、1985年9月10日に刊行された第31回江戸川乱歩賞受賞作の『放課後』です。同時受賞に、森雅裕さんの『モーツァルトは子守唄を歌わない 』。候補作には、『風燈』『極秘新薬殺人事件』『阿片戦争殺人事件』が上がりました。
全刊行物の中で、最も早い時期に執筆されたのは『魔球(第30回江戸川乱歩賞候補作)』ですが、発刊は1998年7月20日でした。
↑Back
多才な東野圭吾さんなので読者の嗜好も多岐に渡り、どれを代表作と呼ぶかの判断は難しいと思いますが、ランキングや売れ行きで思量すると下記の3作品になります。(放課後もこの条件に沿いますがデビュー作である事から割愛しました)

『秘密』…第52回日本推理作家協会賞受賞・第120回直木賞候補作。1999年版(1998年の作品)「このミステリーがすごい!」の9位、1998年度末「週刊文春 傑作ミステリーベスト10」の3位にランクインしました。映画化もされました。
『白夜行』…第122回直木賞候補作。 2000年版(1999年の作品)「このミステリーがすごい!」の2位、1999年度末「週刊文春 傑作ミステリーベスト10」の1位を獲得しました。
『容疑者Xの献身』…134回直木賞受賞作。「このミステリーがすごい!2006年版」・「本格ミステリ・ベスト10 (2005)」・「週刊文春 傑作ミステリーベスト10」で1位を獲得、前人未到の三冠を達成しました。

↑Back
2007年8月現在の最新作は、角川書店発行の『夜明けの街で 』。東野さんが、石神哲哉(『容疑者Xの献身』の登場人物)とは対極にある男の物語と述べておられた作品です。
↑Back
東野作品のシリーズキャラクターは「加賀恭一郎」「湯川学(ガリレオ先生)」「天下一大五郎」「竹内しのぶ(しのぶセンセ)」の4名です(但し、しのぶセンセシリーズが再登場する可能性は極めて低いものと思われます)。詳細は以下の通りです。

名前:加賀恭一郎 / 職業:警察官 / 登場作品:『卒業-雪月花殺人ゲーム-(国立T大在学中の事件)』『眠りの森』『どちらかが彼女を殺した』『悪意』『私が彼を殺した』『嘘をもうひとつだけ』『赤い指』 / 加賀恭一郎の詳しいProfile⇒Click
名前:湯川学(通称ガリレオ先生) / 職業:大学助教授 / 登場作品:『探偵ガリレオ』『予知夢』『容疑者Xの献身』 / 湯川学の詳しいProfile⇒Click
名前:天下一大五郎 / 職業:探偵 / 登場作品:『名探偵の掟』『名探偵の呪縛』
名前:竹内しのぶ / 職業:小学校教諭 / 登場作品:『浪花少年探偵団』『浪花少年探偵団・独立編 しのぶセンセにサヨナラ』 / 竹内しのぶの詳しいProfile⇒Click

↑Back
「人気作品ランキングvol.1」「人気作品ランキングvol.2」の上位作品の中からお選びいただくか、当サイトのコンテンツ「お薦め作品を占う!?」で、ご要望に合わせた作品をお探しください。
↑Back
創作ではありません。七事式の基本である花月之式に準じた作法で、龍谷大学学術情報センター所蔵の「茶道雪月花」には、その手順が記されています。
↑Back
徳島海南高校は、本当にその年の選抜高校野球で優勝しています。優勝投手は、プロゴルファーの尾崎将司さんでした。
↑Back
作者の母校である小路小学校がモデルだと思われます。名前の類似性(竹内しのぶの奉職していたのは大路小学校)もあります。因みに、このエリアは『白夜行』の舞台にもなっています。描かれた世界は正反対のものですが…。
↑Back
その後の展開が紹介された作品はありません。私生活に触れた記述が殆どないので、秘かに育んでいる可能性は否定できませんが、加賀が警察官を続けている事がその答えなのかもしれません。
↑Back
「いじめ問題」に関連し、加賀自身が不本意に思う展開となったため、自らを「失格」と断罪し、退職しました。この辺りの詳しい経緯は『悪意』に紹介されています。
↑Back
作者によれば、「働く女性を主人公に据えればうけるだろうという安直な発想が出版界全体にはびこっていた」時代であったため、『ウインクで乾杯』とこの作品は、そうした世情に配慮したものだろうと思われます。東野さんの2人のお姉さんは、元スチュワーデスと小学校教諭なので、取材の利便性も影響したようです。
↑Back
『変装―私は3年間老人だった(ISBN:4255880425)』では、26歳の新進工業デザイナーが、80歳を越えた老婦人への変身に成功した事実を伝えています。メイクアップ・アーチストの協力を得ての事ですが、「老人社会への潜入」は、『回廊邸殺人事件』の桐生枝梨子よりも遥かに大きな困難が伴ったものと予想できます。
酷い火傷で皮膚の輝きを失った32歳の女性、桐生枝梨子が、70歳に満たない年配女性の本間菊代を演じる事は、不可能ではないと思われます。
↑Back
『毒笑小説』の巻末に京極夏彦さんとの対談が掲載されており、その中で、娘の体に憑依した妻との生活に戸惑う男をコミカルに描く予定であったとの旨が記されています。
↑Back
田島和幸が正社員となって勤務した「東西商事」は、豊田商事をモデルにしていると思われます。作中に、「その会社なら聞いたことがある。東西電機の系列だろ」という台詞が登場し、その東西電機を日本で五指に入る家電メーカーと位置付けていますが、豊田商事も、同種の錯誤を抱かせ、「金の現物まがい商法」で巨額の現金を騙し取りました。因みに、豊田商事事件の主犯、永野一男と、東野さんにはちょっとした共通点があります。最初の就職口が同じ会社なのです。就業時期は重なりませんが、自分が勤務する会社の元従業員が犯罪史に残る事件を引き起こしたわけですから、高い関心を持って事の推移を見守っていたのではないかと想像されます。
田島和幸が非常勤の会計監査役を務めた「チャンスメイク」の事業形態とその違法な手口は、投資ジャーナル事件をモチーフにしていると思われます。
↑Back
公式サイトのProfile(オンマウスで著者紹介)欄で略歴が紹介されています。
公式ホームページに進む。
当サイトの東野圭吾さんのProfile欄でも、寄せ集め情報をご案内しています。
東野圭吾さんのProfileページに移動する。
↑Back
容姿は、アーモンド形の目長い睫毛陶器を思わせるようなきめ細やかな白い肌モデルが務まりそうな体型の持ち主である事が望まれます。
性格は、強くしたたかで、とことん自分のために生きる自分さえよければいい、という雰囲気を感じさせる人がお好みのようです。
ご健闘をお祈り申し上げます。
↑Back
自分自身は出した事がないので、知人の経験談をご紹介します。
  • 宛先…宛先は出版社ですが、奥付けに記されている担当部署を正確に記入し、先方の手間を省力化するように心掛けましょう。
  • 宛先の書き方
    〒○○-○○○○
        東京都○○区○○町 ○-○○-○○
            ○○出版社 ○○編集部
            気付
                東野 圭吾 様
  • 差出人住所…「返事は不要」という意思表示のために、差出人住所を書かない人がいるようですが、やめましょう。担当者に疑念を抱かれ、本人に届けて貰えない危険性が生じます。
  • 返信用の切手・往復はがきについて…「返信用の切手を同封した方がいい」「往復はがきを使用した方がいい」というアドバイスも聞かれます。ただ、受け止め方は様々で、返信の強要と解釈される場合もあるようなので、気を付けてください。
  • 文章の長さ…1枚にまとめた方が良いという意見もありますが、内容が薄過ぎては意味がないので、なるべく簡潔にまとめる事を心掛ければ―、と思います。(封書で1枚の場合に限っては、未記入の便箋をもう1枚添えてください)
  • 手書きかプリントアウトか…マナー面を優先すれば手書きが望まれます。けれども、悪筆の人が読み辛い書面を送るよりは、パソコンやワープロでプリントアウトしたものの方が喜ばれると思います。臨機応変の対応を―。
  • 写真・プリクラの同封…諸刃の剣である事を覚悟しておきましょう。
  • 対応は出版社によって違う…知人によると、大手出版社よりも中堅出版社の方が迅速な対応をしてもらえるような気がする、との事です。断言できる程のデータ量ではありませんが、「対応は出版社によって違う」事を留意し、色々な出版社を試してみては(なんで傲岸な表現なんだ…)どうでしょう。
  • あなたを覚えてもらうには…同じ封筒を使い、定期的に送り続けると、「あ、あの人だ」と記憶してもらえる事があるようです。内容の深い手紙を簡潔に書くのが一番だと思いますが…。
  • 注意事項…トラブル防止のために、担当者が開封する場合があります。第三者に見られても恥ずかしくないような内容物にしてください。
↑Back